市民活動団体「いこうかい函館」






茨城県から移住された
Yさんご夫妻
(ご主人75才奥様71歳)
とてもポジィテブなご夫妻です。



氷結大沼かんじきウォーク

私達夫婦は2000年1月に
主人の仕事の関係で函館に
来ましたが、すっかり気に
入って2005年に定住を決め
今日に至ってます。
   
   定住に際して、ダイエット中の人は要注意!食べるものが美味しいのです。

  魚介類はもちろん、じゃがいもを始め、寒さを乗り越えた台地から育つ野菜たち函館

 近辺でしか獲れない”がごめ”昆布、大沼牛の黒べこ、森町の豚肉など枚挙にいとまが

 ありません珍しがって食べていたところ、当初の夫婦で2kg太ってしまいました。

  函館定住を決心させた理由の次は、自然が身近そして温泉が身近にあることです。

 たった300m位の函館山には本州の2000m級に咲く高山植物が次々咲くので、何回

 も会いに行き、ほかには大沼の水芭蕉、カタクリの群生、蝦夷のリュウキンカなど枚挙

 ににいとまがなく”花の追っかけ”で忙しくなります。

  釣り、クルージング、ヨット、森ウォーキング、トレッキング、パークゴルフそして冬の遊び

 など自然を相手に楽しむ事が好きな人には身近に触れることができます。

  「いこうかい函館」ではイベントのひとつ”リンゴの木のオーナー”になって日本林檎発

 祥の地農家の人々のお世話になっています。

  温泉は、私達は週一のペースですが、週三、週七ペースの人など好き好きですね。

  あまりよいことばかりでないことも事実で、問題に感じる点は、公共交通機関が便利な所

 から来られた人には不便かもしれません。

 冬の雪かきを避けるため、私達は住居にマンションを選びました。寒さ対策のため、冬

 用コートや靴、手袋などこちらで購入することをお勧めいたします。なお、私達はしっか

 りあそんだせいか、体重は元に戻りました。(笑)

 私達夫婦は、2000年1月に主人の仕事の関係で函館に来ましたが、すっかり気に入っ

 て2005年に定住を決め今日に至ってます。


日 記

管理人の独り言
いこうかい函館とは
活 動 の 様 子
道 南 の 風 景
タ ウ ン 情 報
パークゴルフ場情報
メディカルページ
道南の温泉情報
リンゴのオーナー制度

情報リンクサイト







 Kさんは20134月
 東京都武蔵野市から
 ご夫妻で移住、ご主人
 の出身は函館市の隣町
 北斗市、奥様は東京都の
 お生まれで北の大地での
 生活は初めての経験だそ
 うですです。

 (ご主人65歳奥様58歳)
    
 
  移住されてから3年目
  今年は豊作をお祈り
  いたします。
 



 
共働きで忙しかった生活から、主人の定年を機に北斗市の実家の敷地に家を建
 
 てました。

 地震が少なくて、空気が美味しい。新鮮な海産物を食べ、庭で野菜やバラを育

  てる、老後のスローライフを夢みて主人、私、老猫一匹がスタートしました。

  年金を貰うまで働こうとハローワークへ通いましたが、東京ではきっと有ろう

  仕事も無く、諦め無職を楽しもうと思った矢先、北斗市農林課主催の『農業体験

  学習』(畑初心者向け、皆で色々な作物を作って食べよう)を市報で知り夫婦で参

  加し、教わった事を庭と貸農園で実践中。畑は5月〜11月まで楽しめます。

  東京では苦労しなかった病院、美容室選びはネットを見ても情報が古く、書き

  込みも殆どないので、自分に合ったところを探すのは大変、行きつけの美容室は

  いまだに決まっておりません。

  友達が出来ず心が折れていた時、『いこうかい函館』を知り、移住してからの

  些細な悩みか
ら冬の過ごし方等、同じ移住者同士、気軽に話す事で元気を取り戻

  し、今ではステンドグラス教室、ピアノ教室、スポンジテニスへ通うようになり

  友達も出来て楽しめる様になって来ました。

  「何かを初めなければ、何も起こらない」行動する事が楽しく豊かに暮らすた

  めのスタートだと実感しております。
日 記

はこだて移住の応援隊「いこうかい函館」ポータルサイト

和やかに
楽しく

明るく

ikoukai  Hakodate 

※ 移住に際しての貴重な体験談をお聞かせいただきありがとうございました。みなさんとてもポジテェブな体験をお持ちのようです。これから移住をご検討されている方には貴重な体験談になります。移住には大きな力が必要です。現在の生活を断ち切ってまでこられたのですから十分な覚悟と心構えとをもつことが求められます是非ご連絡いただきお話を聞かせていただければ幸いです。少しでも函館に来て良かったと思っていただきたいと願っています。